share

in facebook

梅雨シーズンのまつげケア

BEAUTY COLUMN

梅雨シーズンのまつげケア

2018.06.05

ケア

梅雨シーズンのまつげケア

梅雨時期のメイクの悩みは?

毎年夏が来る前やってくる雨の季節、梅雨。

じめじめとした蒸し暑さと湿気でメイクも落ちやすいうえ髪の毛もまとまりにくく、なんだか憂鬱な気分になる方も多いかもしれません。

この梅雨の時期にストレスなく満足のいくメイクをするために、まず必要なのは「湿気対策」です。

梅雨にメイクが崩れやすい理由

梅雨シーズンのメイク崩れは先ほどあげた「湿気」による部分が大きいです。

湿気が多いと毛穴が開きやすくなるので肌のコンディションも悪くなりがちになりますから、そもそもメイク乗りが良くないことも多いようです。

さらに梅雨時期は、じめじめと蒸し暑く自然と汗もかいています。こうした汗や皮脂によってお肌はべたついたりテカってしまい、それがメイク崩れの原因につながります。

梅雨シーズンのメイク崩れ対策

「なぜメイクが崩れるのか」その原因を知ることが、メイク崩れ対策をする上でとても大切です。

皮脂で崩れるタイプと汗で崩れるタイプでは対策も違ってきますから、まずは自分の肌状態を把握することが重要です。コスメカウンターなどでお肌診断をしてくれることもありますし、インターネットなどでも簡易的なチェックシートがありますから、気になる方は一度調べてみてください。

なお、皮脂でメイクが崩れてしまう方であれば過剰な皮脂分泌を防ぐような機能がある基礎化粧品を使用したり、あるいは化粧下地にそうしたタイプのものを使用すると崩れが防ぐことが出来ます。

ベースメイクが崩れていると目立ちますし、自分でもあまり気分の良い物ではありませんから、メイクが崩れる原因を知って対策をすることが最も効果的です。

梅雨時期のまつげメイク

湿度が高く汗や皮脂に悩まされる梅雨。

この時期はベースメイクの崩れのみならず、まつげのメイクも他の部分と同じようになかなかしっくりきません。

朝、ビューラーでしっかりとカールをつけたはずでも、湿気が多いとまつげはどうしても下がりやすくなるため、お昼ごろにはカールが落ちてしまっているなんてことも多いでしょう。さらに皮脂や汗の影響でマスカラやアイライナーやアイシャドウがとれてしまうこともあって、そのせいでマスカラがパンダ状態になってしまう、というお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

湿気に負けないカールを手に入れるには

ビューラーで一生懸命カールをつけてカールマスカラを使用しても、湿気によってまつげが下がってしまう場合にはどうしたら良いのでしょうか。

実は「まつげのカールがつきにくく、下がりやすい」と思っている方の多くは、まつげ自体が下向きに生えている「下向きまつげ」の持ち主である可能性が高いのです。

ただでさえ下がりやすいまつげが、湿気によってさらに下がってしまう。これをメイクの技術でなんとかしようと思うのは、なかなかの至難の業です。

どうしてもカールが欲しい、という方は思い切ってまつげパーマをかけるのもおススメです。また、自まつげはどうしても下がってしまうのであれば、つけまつげやまつげエクステを利用するのもひとつの方法です。

梅雨でもパンダ目にならないためには

先ほど、メイクが崩れる原因を知ることがメイク崩れ予防には必須、という話をしたと思いますが、これは目元のメイクにも全く同じことが言えます。

気温も高く湿気も多いこのシーズンは、汗や皮脂のせいでマスカラがにじみやすく、気づいたらパンダのように目の周りが真っ黒になってしまっていた、なんてことにもなりかねません。パンダは可愛いのに、パンダ目はNGです。

目の周りが暗くなると一気に老けて見えてしまいますし、印象も良くありません。

では、梅雨で湿気が多いこの季節でもパンダ目にならないためにはどうしたら良いのでしょうか。

滲まないマスカラを選ぶ?

ウォータープルーフのマスカラはその名のとおり「水」に強いマスカラであって、水が原因でマスカラが滲むことを防ぐ、海やプールなどのメイクには強い味方ですよね。

「でもウォータープルーフでもパンダ目になります!」という声が聞こえてきそうですが、それは水というよりも皮脂によってマスカラが滲んでいるのです。

皮脂によって滲む場合には、皮脂を抑えるフェイスパウダーをまぶたにも活用することで、だいぶ滲みを避けられます。また、マスカラの上にクリアマスカラなどでコーティングをすることでも滲みを抑えることが出来ます.

それでもどうしても滲んでしまう、という方はこの時期は思い切ってノーマスカラで過ごすのも良いのではないでしょうか。クリアマスカラだけでは、確かに通常のマスカラよりも長さやボリュームでは劣りますが、艶やかな印象でまつげをコーティングすることでまつげケアにもなるので、元々のまつげが長さやボリュームもある方にはおススメです。

クリアマスカラだけでは物足りない、長さやボリューム、カールも欲しい、という方はつけまつげやまつげエクステを利用すると滲み知らずで華やかな目元になりますから、お試しされても良いかもしれません。

 

まつげのUV対策

まつげにもUVケアが必要? 春先から夏に向けて、どんどん強くなる紫外線。暖かく[・・・]

ケア

2018.05.16

目元の印象アップ!クマ対策

印象まで左右する「クマ」!? 目元のクマに悩んでいる方はとても多いです。 [・・・]

ケア

2018.04.25

まつげが抜ける!?NG習慣

まつげからのSOSのサイン 「まつげにコシがなくなってきた」「まつげが減ってき[・・・]

ケア

2018.04.16

まつげと紫外線

過度な紫外線はお肌や髪の毛にダメージを与えるということは広く知られていることで、[・・・]

ケア

2017.10.04

まつげに特別なケアは必要…?

髪の毛のケアやお肌のケアは毎日しているのに、なぜまつげのケアはしないのでしょうか[・・・]

Pick Up

2017.07.24

まつ毛のダニとは…?

まつ毛に棲んでいるダニは顔ダニとも言われる人の毛穴に棲みついているダニで、デモデ[・・・]

ケア

2017.05.29

まつげ美容液とまつげ育毛剤

まつげケアの方法の1つとして挙げられる“まつげ美容液”。 最近はドラッグス[・・・]

ケア

2017.05.02

まつげエクステを長持ちさせるには

まつげエクステは、時間が経つにつれ様々な原因で徐々に抜けたり取れたりしていきます[・・・]

ケア

2017.04.19

まつげエクステとメイク

まつげエクステは、自まつげの1本1本に人工のまつげエクステを専用の接着剤(グルー[・・・]

Pick Up

2017.04.10

セルフまつげエクステとは

通常まつげエクステは、美容師資格を持ったアイリストがいるサロンで装着や取り外しを[・・・]

ケア

2017.04.06

まつげが抜ける原因とは

まつげが抜けたり少なくなる原因はいくつかあります。 マスカラ、ビューラー、[・・・]

ケア

2017.03.24

まつげエクステのリペアとは

リペア(repair)とは日本語訳すると「修繕、手直し」などの意味です。まつげエ[・・・]

Pick Up

2017.02.20

まつげエクステとクレンジング

メイクを落とす際に必要なのがクレンジングです。 このクレンジングの種類やや[・・・]

Pick Up

2017.02.13