share

in facebook twitter
ご予約はコチラ ご予約はコチラ 求人情報はコチラ 求人情報はコチラ

アイリストのマツエク事情とは!?

BEAUTY COLUMN

アイリストのマツエク事情とは!?

2018.09.19

注意点

アイリストのマツエク事情とは!?

アイリストのまつげは誰がつけているの?

まつげエクステの施術者であるアイリスト。言ってみればまつげエクステの専門家であるアイリストのまつげエクステはいったい誰がつけているのか、気になったことはありませんか?

お肌の汚いノーメイクのビューティアドバイザーや髪の毛がボサボサの美容師がいないように、お客様にまつげエクステの魅力を伝えるアイリストのまつげはいつもキレイに整っているように思います。そんなお客様に施術をするアイリストのまつげは誰がつけているのでしょうか。

セルフマツエクをしているの?

最近では自分でまつげエクステに必要な材料をネットなどで気軽に買えるので、セルフでまつげエクステをされる方も増えてきました。

セルフでまつげエクステをするのであればサロンへ行く時間が必要ありませんし、自分のタイミングで付け足しやリペアも可能です。かかる費用も材料費だけなので、サロンで施術を受けるよりも安く済むのもメリットの1つです。

と、ここまで聞くと良い事づくしのセルフまつげエクステ。

お客様にまつげエクステを施術するアイリストは、まつげやまつげエクステや目元に関する知識や技術を持ったスペシャリストですから、知識と技術を十分に持ったアイリストであればセルフまつげエクステもお手の物、自分のまつげエクステは自分でしているのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし、答えはNO。

ほとんどのアイリストは自分でまつげエクステをつけたりオフしたりはしていません。

なぜ、セルフマツエクを利用しないのか

リーズナブルで自分のタイミングで出来るセルフまつげエクステはメリットいっぱいの魅力的な方法に感じる方も多いと思いますが、アイリストがセルフまつげエクステをしないのは、まつげエクステに関する知識があるがゆえに、自分自身でまつげエクステをつけることのリスクを十分に理解しているからです。

セルフまつげエクステはメリット以上にリスクが多い

セルフまつげエクステ用のキットには「初心者でも大丈夫」などと、簡単にセルフまつげエクステが出来るような表現がされていることもありますが、本当にまつげエクステが初心者でも簡単に扱えるかどうかというと、とても難しいと言わざるを得ません。

まつげエクステ以外でも例えばネイル、ヘアカットやパーマ等で考えてみてほしいのですが、自分でプロのように上手に仕上げるのはとても難しいのです。

ネイルも利き手であれば上手にアートを施せても逆の手ではなかなか同じように仕上げるのは難しいですし、カットやカラーやパーマなども自分ではプロのような仕上がりにはなりません。前髪のセルフカットでさえ失敗した経験のある方も多いのではないでしょうか。それがまつげというとても細かいパーツで、目元に行う作業だとすればなおさら自分で上手に安全に行うことが難しいことをご理解いただけると思います。

自分では難しいからプロがいるのです。専門的な知識と技術が必要だから、プロがいるのです。

そしてセルフでまつげエクステをつけるのは、仕上がりの完成度以外にも大きなリスクがあります。

セルフまつげエクステは目のトラブルの元に

自分の目にまつげエクステをつけようと思うと片目を閉じて片目で見ながらの施術となります。これが非常に見えにくいうえに距離感もつかみにくいのです。距離感がつかめないと思ったように作業が出来ません。グルーは基本的に皮膚から1~2mm離した位置につけますが、片目でグルーをつけようとするとうまく付けたい位置につかなかったり、悪くすると目に入ってしまう危険もあります。

まつげエクステも片目では上手につけられません。本来つけるべきではない産毛状のまつげにグルーが付着し、まつげエクステをつける際に巻き込んでしまうことでまつげを傷める可能性があります。

また、つける際のみならずまつげエクステをオフする際にもリスクがあります。

まつげエクステのリムーバーは、まつげエクステをつけているグルーを溶かすほど強い薬ですから、万が一目に入ったら非常に危険です。

こうしたことが原因でまつげの抜け毛や皮膚や目の炎症など、目元のトラブルにつながるケースも多いので、そうしたリスクをきちんと理解しているアイリストはセルフでまつげエクステはしないのです。

アイリストのキレイな目元をつくっているのは

つまり、アイリストは技術も知識もあるけれど、いやむしろ、技術も知識もあるからこそ自分自身ではまつげエクステを施術せず、他のアイリストに任せています。

もし、まつげエクステに興味はあるけれどサロンに行くのは費用がかかるので、セルフでやってみようかな、と考えている方は是非考え直していただきたいのです。

 

プロであるアイリストもセルフではまつげエクステはせずに、他のアイリストの施術を受けています。

それがまつげエクステをする上で、最も安全で美しい目元を保つことが出来る方法であるということです。

なかなか聞けない!?みんなのマツエク失敗談1

マツエクで「失敗した!」と思ったことはありますか? 今や多くの人に利用されるよ[・・・]

Pick Up

2018.12.12

マツエク後に目がチクチクする時には!?

マツエクをして目が痛くなった!? まつげエクステをつけたら目に違和感や痛みを感[・・・]

Pick Up

2018.10.31

激安マツエク店を選ぶ注意点

サロン選びの時に何を重視して選んでいますか? まつげエクステのサロンへ行こう![・・・]

注意点

2018.06.26

まつげエクステ施術でおこるトラブルとは

まつげエクステが世に出始めたころは施術に美容師の資格は必要ではなかったため、施術[・・・]

初めての方

2017.06.28

妊娠中のまつげエクステは大丈夫?

産後自分の身の回りに時間をかけられなくなることや、なかなか一人での外出が出来なく[・・・]

初めての方

2017.06.12

まつげエクステとアレルギー

まつげエクステに関するトラブルのなかには、アレルギー反応が出てしまうことによるト[・・・]

初めての方

2017.04.25

まつげエクステとメイク

まつげエクステは、自まつげの1本1本に人工のまつげエクステを専用の接着剤(グルー[・・・]

Pick Up

2017.04.10

セルフまつげエクステとは

通常まつげエクステは、美容師資格を持ったアイリストがいるサロンで装着や取り外しを[・・・]

ケア

2017.04.06

まつげエクステ施術前に気を付けるポイントは?

まつげエクステはデリケートな目元に行う施術ですので、実際にまつげエクステを付ける[・・・]

初めての方

2017.03.09