新着一覧

まつげエクステが出来ない事がある!?

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

120502_施術1ウb_0019

取り扱っているサロンも増えたこともあり、なんとなく手軽にメイク感覚で施術を受けられるようなイメージをお持ちの方もいるかもしれない“まつげエクステ”ですが、実は場合によってはまつげエクステの施術が出来ない事があるということはあまり知られていません。

サロンのホームページなどにも注意書きとして書かれていることもありますが、様々な理由によってまつげエクステの施術が出来ない事があるのです。

それを知らずに予約してしまい、せっかくサロンへ行ったにも関わらず肝心の施術が出来ない、などという事態は避けたいものです。では、まつげエクステが出来ないケースとはいったいどのようなケースなのでしょうか。

 

グルーでアレルギー症状が出る場合

 

過去まつげエクステ施術をした際にアレルギー反応が出てしまった方はもちろん、体質的にアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

まつげエクステによるアレルギー症状のほとんどはグルーによるものですが、過去に使用したものと異なる種類のグルーを用いることで安全にまつげエクステを施術出来る場合もあります。

ですから、過去にアレルギー症状が出たからと言って100%施術を受けることが出来ないわけではありません。またその逆で、アレルギー症状は突然出る事もあるので、それまでの施術でアレルギー症状がでたことがなかったとしても今回もアレルギー症状が出ないという100%の保証はないのです。

アレルギーが心配な方は特にその安全性を確かめるためにパッチテストを受ける必要があります。まずサロンにパッチテストがあるかどうか、確認してください。

そのうえで予約を行い、パッチテストを行います。このパッチテストはサロンによって異なりますが、両目に数本まつげエクステをつけてアレルギー症状が出ないかを数日間様子を見ます。それで問題がなければ施術を行うことが出来るのものです。

パッチテストは義務ではありませんからパッチテストを受けなくても施術を受けることは出来てしまいますが、アレルギーについて心配がある方はまずはパッチテストを受けることをおすすめ致します。

 

結婚式などのイベント直前のまつげエクステ

 

結婚式のためにまつげエクステをつける方もとても増えてきました。なるべく式本番近くにまつげエクステをつけたほうが、まつげエクステがキレイについている状態で式にのぞめると思われると思います。しかし、先ほどのアレルギーの問題があり、式直前での施術はサロンによっては出来ない場合もあります。

結婚式などのイベントはハッピーなイベントでもありますが、様々な事情が重なり本人に自覚がなくても精神的や身体的に負担がかかっていることがあるのです。こうしたストレスでお肌状態もデリケートになっていて、今までアレルギーなどには無縁だった方でもアレルギー反応がおこる可能性があります。可能性として低くても、万が一アレルギー症状が出てしまい目が腫れたり充血してしまった場合治癒までに時間がかかってしまい、式本番に影響が出てしまう可能性があるため、式直前での施術はおすすめ出来ませんし、実際施術を受けられないサロンが多いようです。

そうしたイベントに向けてまつげエクステをつける場合には、しっくりするデザインで当日を迎えるためにも数回リペアや付け直しをするくらいの余裕をもったスケジュールで考えられると失敗や不安もすくなくすみます。

 

妊娠中の方のまつげエクステ

 

妊娠中の方でも施術が受けられるサロンも多くある一方で受けられないサロンもあるので、予約時には確認が必要です。

妊娠中の方の施術が出来ない理由は、妊娠中はホルモンバランスが大きく変化していることで体質にも変化が起こることが多いため、今までアレルギー症状が出たことがなくても妊娠を期にアレルギーが起きてしまう危険性があるからです。

まつげエクステ自体は妊娠中の方でも問題はありませんが、このようなアレルギーに関するリスクと、施術中の仰向けで寝転んだ体勢がお腹の大きな妊婦さんには負担になったりすることもあります。特にお腹が張りやすい方、切迫早産などの危険があると医師から言われている方などは妊娠中のまつげエクステはしないほうが無難かもしれません。

 

まぶたに何らかの疾患がある場合

 

まぶたに傷などの外傷がある場合や、ものもらいや結膜炎などの症状がある方はまつげエクステの施術が受けられません。また、それ以外でも何らかの理由で眼科に通院されている方は基本的には施術を受けない方が良いでしょう。

無理に施術を受けてしまうと症状を悪化させたりする可能性があるため、何らかの疾患がある方は症状が治癒してからか、少なくとも眼科の医師に確認して許可が出た場合にする必要があります。

 

レーシック手術を受けたばかりの方

 

視力矯正のためのレーザー治療であるレーシック手術。この手術を受けたばかりの方もまつげエクステを施術することは出来ません。基本的には術後の健診で医師の許可が出れば問題ないされていますが、サロンによってはレーシック後施術を受けられない期間を設けている場合もあるため事前に確認しておくと安心です。

 

まつげが傷んでいる人

 

何らかの原因でまつげが傷んでいたり、細く弱くなった状態のまつげにはまつげエクステがつけられない場合があります。

まつげエクステは自まつげ11本に装着していくものですから、どうしても自まつげのコンディションを無視できません。

まつげパーマをしていたり、まつげエクステを長年継続しているにも関わらず、自まつげのケアをきちんと行わないと個人差はあるものの徐々にまつげにも負担が蓄積されていきます。

毎日のメイクやクレンジングでもまつげの負担になることがありますから、日々の地道なケアが健やかな自まつげを育むためにはとても重要です。

 

詳細は施術を受けるサロンに確認を

 

まつげエクステを受けることが出来ないケースについて、大まかなところをまとめてみましたがサロンによってその詳細はまちまちです。

上記にあげたケースに該当していても施術可能であることもあれば、ここにない理由で施術を受けられない可能性もあるため、詳しくは施術を受ける予定のサロンへ確認しておくと安心です。

詳細を見る

まつげエクステを長持ちさせるには

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

WS000132

せっかくつけたまつげエクステは出来るだけ長くキレイな状態を維持したいものです。

そのためのポイントは様々ありますが、大きく分けると2つあります。

ひとつは技術力があるアイリストに施術をしてもらうこと。そしてもうひとつはつけた後の自宅でのケアを適切に行うことです。

まつげのような細く小さいパーツを個人差のあるまつげやまぶたの状態を見極めながら装着していくまつげエクステは、とても繊細な作業です。そうした作業を行う技術は職人技と言えますから、実際アイリストの力量による部分が大きく、それによってまつげエクステの持ちが左右されます。

アイリストに必要なのは、まつげエクステを接着する技術はもちろんのこと、自まつげに対してそれがまつげエクステを装着すべきまつげであるか否かを見極めたり、まつげの生え癖やまぶたの形などを考慮しながら、その方に適したまつげエクステやデザインを選ぶことが出来るような経験や知識を求められるのです。

過去にまつげエクステをしたことがあり、満足いく仕上がりにならなかった、施術後すぐにまつげエクステが外れてしまったという方などは、施術者が変わることで解決できることもあります。

しかしながら、どんなに優れた技術を持ったアイリストに施術をしてもらったとしても、出来るだけそのまつげエクステをつけたばかりのキレイな状態を長く維持するためには、自宅での適切なケアが必要不可欠です。

 

マツエク施術当日に気をつけること

 

まつげエクステは一度外れてしまってからでは、サロンへ行って付け直すなどしなくてはならず簡単に自分では元に戻せません。

そのため、まつげエクステをキレイな状態で長持ちさせるためにはとにかくダメージを与えないように予防することが第一です。

まつげエクステは自まつげに専用の接着剤で装着されているため、この接着剤が取れないように気を付けなくてはいけません。

まず施術を受けた当日にきちんとグルーを乾かすことが重要で、グルーは水分によって硬化しますが、完全に固まる前に大量の水分に触れると接着面が弱くなりまつげエクステが早く取れてしまう可能性があるため注意が必要です。そのため施術をした時間によっては当日の入浴を避けたほうが良い事もあります。

使用するグルーの種類によって硬化までにかかる時間は違ってきますので、施術をしてくれたアイリストに確認すると安心です。

 

目の周りやまつげを触るのを避ける

 

施術当日はもちろんのこと、その後も目の周りやまつげを触るのは意識的に避けたほうが無難です。指には皮脂などの油がついていてまつげエクステを接着しているグルーにとっては良くないですし、まつげに触れて刺激を与えることでまつげエクステが取れやすくなってしまう可能性があります。

クレンジングや洗顔、メイクをする際にはどうしても目の周りやまつげに触れることになりますが、その場合には極力まつげに強い刺激を与えないように気をつけましょう。

特に横にこするような刺激は致命的なので、その点を意識することだけでもダメージを抑えることが出来ます。

 

マツエク時のクレンジングのコツ

 

まつげエクステはオイルが苦手なので、使用するのはマツエクOKのクレンジングであることが大前提です。

まつげエクステのサロンで取り扱っているクレンジングであればなお安心ですが、最近ではドラッグストアなどでもまつげエクステOKのクレンジングを購入することが出来ます。

そうしたクレンジングを使用して優しくメイクを落とします。

コットンなどでふき取るのは、繊維がまつげエクステに引っかかる可能性があるので目元の周りは避けたほうが良いでしょう。同じ理由で洗顔後にはタオルがまつげに引っかかってしまう事があるため、目の周りだけはティッシュなどで押さえて水分を取るか、タオルを使用する際にも顔をこするような動きは避けて優しくそっと押さえるようにして水分を取ってください。

 

入浴後のケアについて

 

濡れたまつげはコームで梳かし、ドライヤーの冷風で乾かしましょう。このひと手間があるのとないのでは大違いですから、まつげエクステをキレイな状態でキープするためには少し面倒でも是非行っていただきたいです。

まつげは濡れたままの状態ではダメージも受けやすく、そのまま眠ってしまっては変な癖がついてしまう事もありますから、もしコームがなくともドライヤーで乾かすことは髪の毛を乾かすついでに行ってみてください。

そのあとはまつげ美容液を使用するのがおススメです。

自まつげが弱って抜けてしまうとまつげエクステも一緒に取れてしまいますし、まつげ美容液を使うことでダメージをケアし健やかなまつげを育むことで、まつげエクステも長く楽しむことが出来ます。

まつげ美容液には様々な種類がありますが、コーティングする効果のあるものを使用するとまつげエクステの持ちも良くなります。

乾燥もまつげに良くないので、夜は保湿効果の高い物、朝はコーティング効果のある物、など使い分けるのもおススメです。

 

ダメージ予防と日々のケアを

 

まつげエクステをキレイな状態で長持ちさせるためには、まず極力まつげにダメージを与えない事と毎日きちんとケアをすることが大切です。

そうすることで、自まつげも健康的に、そしてまつげエクステも長く良い状態で維持することが可能になってきます。

日々のケアについては慣れるまでは多少手間に感じるかもしれませんが、そのひと手間でまつげエクステの持ちが変わってきますので少しだけ意識をしてみてくださいね。

詳細を見る

一重と奥二重のまぶたとは

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

WS000132

一重と二重、奥二重の違いは、難しい話を抜きにしてしまえば、まぶたを開く際にまぶたの皮膚が折りたたまれるか否かの違いです。

まぶたの皮膚が折り曲がらない一重まぶたは、まぶたの皮膚がまつげの生え際を覆いかぶしてしまうのでまぶたの開きはあまり良くありません。一方の二重は、まぶたを開く際にまぶたを織り込むようにして開くので、一重まぶたと比べると皮膚が持ち上がった状態で目を開いているため、その分まぶたの開きが良く黒目が大きく出るのが特徴です。

奥二重とは同じ二重でもその二重幅が狭く、二重でありながら二重ラインが上まぶたの皮膚が被さることで隠れている状態です。二重のラインは見えないものの、完全な一重と比べると目の開きや黒目の見えは良いです。

また、年齢とともに上まぶたがたるんでくることで、本来は二重でも皮膚が被さってしまい奥二重のような状態になることもあります。

 

一重、奥二重はマツエクで失敗しやすい?

 

そのようなまぶたの状態の違いは、まつげにも影響しています。

まぶたの厚みがありまつげを押している場合にはまつげが下を向いている事がありますから、そのまつげの向きや生え方を考慮してまつげエクステをつける必要があります。下向きに生えているまつげにマツエクで長さのみをプラスしても目を隠してしまうことになり、目をパッチリと見せるどころか逆に目を小さく見せてしまうことにもなりかねません。ですから、事前にきちんとまつげの状態を確認した上で、経験や知識のあるアイリストが目の形やまぶたと自まつげの状態に合わせたまつげエクステを選び施術を行う必要があります。

実際、一重や奥二重で目をパッチリさせたいと期待してまつげエクステをしたにも関わらず満足のいく仕上がりにならなかった方も多く、そのため一重や奥二重のまつげエクステは失敗しやすいと思われているようです。

 

では、一重や奥二重の方がマツエクに適していないのかと言うとそういうわけではありません。きちんと似合うデザインや適したまつげエクステを選ぶことで、満足のいく仕上がりになることが出来るはずです。

 

一重と奥二重にマッチしたデザインや毛質は?

 

基本的に、セーブルやミンクのような軽い毛質を選ぶことが好ましいとされています。シルクはハリや艶が魅力的な毛質ですがその分硬さと重みがあるため、もともと自まつげがまぶたに押されて下向きに生えていることが多い一重、奥二重さんはマツエクも下に下がりやすくなってしまいます。

デザインに関してはまぶたの状態やその方の元々お持ちの雰囲気やお顔立ちなどによって似合うデザインが違ってきますが、二重の方であればクリッとした丸い目でキュートな印象に見える黒目の上を強調するようなデザインは、一重や奥二重の方がされると少しキツク見えてしまったり、派手に見えてしまうことがあります。

 

どんなカールが向いているか

 

これは二重の方にも言える事ですが、人によって似合うデザインやカールは違います。また、似合うだけではなく好みのデザインも加わることで本当にお一人お一人違ってきます。

まぶたでまつげが被さってしまっている一重や奥二重の方にとっては、まつげエクステで満足のいく仕上がりになるためには、どんなカールのまつげエクステを選ぶかが非常に重要なポイントです。

一重や奥二重の方はカールが強めのまつげエクステが合うと言われていますが、Cカール、CCカール、Dカール、Lカールなど強めのカールにも様々な種類があり、誰にでも似合う鉄板レシピは存在しません。例えばLカールはL字のような形をしていて1回強めにビューラーをかけたように途中で立ち上がるようなカールになっているため、まぶたによってカールが押されることなくキレイにまつげエクステのカールが出るので一重や奥二重の方に好まれています。しかしながら、Lの根元からまっすぐに伸びている部分の長さが自まつげの長さと合っていないと装着後に違和感を感じる方もいるのです。

このように、「一重だから、奥二重だからこのカール」という正解がないのが難しいところです。

 

マツエクで失敗しないために

 

ただ長くすれば良いわけでもなく、強めのカールを選べば良いわけでもないと言われるとなんだかどうしたら良いのか不安になってしまうかもしれません。

確かに二重の方に比べるとまつげエクステの選び方やデザインについては慎重に決める必要があります。マツエクで失敗しないためには、技術と経験のあるアイリストに施術をしてもらうことが一番です。初めて行くサロンは不安でしょうから、知人や友人などが通っていて評判が良いサロンへ行くか、サイトの口コミ情報などが参考になります。具体的なデザインイメージなどはなくてもきちんと相談に乗ってくれるサロンなのかどうかが重要なポイントです。また、それまで満足な仕上がりになったことがなければ、どんな部分で満足出来なかったのかなどをアイリストに伝えることが出来ると尚良いでしょう。

詳細を見る

まつげエクステのコーティング剤とは

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

hp_DSCF8047

まつげエクステのメニューに含まれていたりオプションで付けることが出来る“まつげエクステのコーティング”ですが、どのようなものでどんな働きがあるかご存知でしょうか?

まつげエクステのコーティング剤は、自まつげとまつげエクステの接着面をコートするものでまつげエクステを装着した後に使用します。イメージしやすいところで言うと、ネイルのトップコートのようなものです。

まつげエクステのメニューに組み込んでいるサロンもあれば、オプションで別料金が発生するケースもあります。そのためか、オマケのようなイメージがあるコーティングですが、コーティングをするか否かでまつげエクステの持ちが大きく変わってくるのです。

 

コーティング剤の効果は?

 

その効果はズバリ“まつげエクステが長持ちする”ということです。まつげエクステを装着する際に使用しているグルー(接着剤)は、湿気や汗などの水分や皮脂などの油(オイルクレンジングなど含む)に弱い性質があり、グルーが劣化することでまつげエクステが早く取れてしまう原因にもなってしまいます。

コーティングをするとグルーとまつげの接着部分をコーティング剤が包み込んで汗や油から守ってくれます。また、コーティング剤がクッションのような働きをすることでダメージにも強くなるというメリットもあります。つまり、コーティング剤は水分や油からグルーとの接着部分を保護するのみでなく補強の役割も果たすということです。

 

コーティング剤の種類と選び方①

 

自宅でホームケアとしてコーティングをする方があまり多くないこともありコーティングの種類についてはあまり知られていないのですが、実はいくつか種類がありそれぞれにメリットとデメリットがあります。

最もポピュラーなものは「筆タイプ」のコーティング剤で、まつげエクステと自まつげの接着面をピンポイントで塗れるのがメリットですが、適量を筆にとったりダマにならないように塗布するには多少のコツや慣れが必要です。

他には「ブラシタイプ」のコーティング剤もあり、マスカラのようなブラシやコームの形になっているため素人でも扱いやすいためホームケア用に人気のあるコーティング剤です。

しかしながらブラシタイプのコーティング剤は筆タイプのものと違ってピンポイントでの塗布が難しく、本来コーティング剤を塗布すべきまつげエクステと自まつげの接着面にコーティング剤がいきわたらないことがあります。

無意識的にさっと塗るのではなく、接着面をコートする意識をもってコーティング剤を塗布しなければ本来の目的を果たせないことがあるので注意が必要です。

 

コーティング剤の種類と選び方②

 

ブラシタイプや筆タイプなどの形状の違い以外には、色や粘度や成分などの違いがあります。

色に関しては「無色透明」なものとマスカラのような「黒色」のものがあります。

透明タイプのコーティングは仕上がりがナチュラルで、たとえ失敗しても分かり難いのでコーティングを初めてする方にお勧めです。一方の黒色タイプのコーティング剤はマスカラのような物で、ボリュームや艶をプラスすることが出来ます。

粘度の高いコーティング剤はしっかりとコーティングされますが、ダマになったりまつげ同士がくっついてしまったりと扱いが難しいので、初めてコーティングをされる方は粘度は低めのコーティング剤のほうがおススメです。

成分では、まつげ美容液としての役割がメインでプラスでコーティング作用があるようなものと、コーティング目的のものとあります。

 

コーティング剤を使う時の注意点

 

まず、コーティング剤は付けすぎると失敗の元になるので、適量を塗布するようにしましょう。

自宅のホームケアとしてコーティング剤を使用する場合には、洗顔後のまつげに塗布すると思いますが、その際はまつげをしっかり乾かした状態で塗布する必要があります。

また、乳液や美容液、クリームなどのスキンケアがまつげについた状態でコーティングしてもその効果が薄れてしまいますから、目元のスキンケアを行う時にはまつげやコーティング剤を塗る部分は避けるように気をつけてください。

コーティング後にまつげ同士がくっついてしまうのを避けるためにコーミングをする場合には、コーミングをしすぎるとコーティング剤が白く粉が吹いたようになってしまうので、何度もせず軽くコーミングをするのがポイントです。

 

コーティングはサロンで?それとも自宅で?

 

コーティングをすることでまつげエクステの持ちは良くなりますから、まつげエクステをするのであればコーティング剤をつけたほうが良いでしょう。まつげエクステのメニューの中でコーティングも含まれていなければオプションで別料金で追加する必要がありますが、まつげエクステの持ちが良くなれば結果的にはコスパも良くなります。

サロンでまつげエクステの仕上げにコーティングをし、そのうえでまつげケアも出来る美容液成分がメインのコーティング剤を日常的に使用することで、コーティング効果にプラスして自まつげケアも出来るのでおススメです。

詳細を見る

まつげエクステで失敗したことがありますか?

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

WS000132

自然な仕上がりで人気なまつげエクステですが、実は失敗した経験をした方も多いようです。仕上がりが想像していたものとはかけ離れていたり、デザインは良くてもすぐに外れてしまったり目に違和感があったりと様々なパターンがありますが、せっかく期待をして時間もお金もかけてサロンへ行ったのに、満足な仕上がりにならなければ残念である以上に悲しい気持ちにもなってしまいますね。そのような経験が元でまつげエクステから遠ざかってしまっている方もいるかと思います。

では、失敗しないためにはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

 

まずはサロン選びを慎重に

 

まつげエクステの失敗は、サロン選びにかかっていると言っても過言ではありません。

はじめて行くサロンを選ぶ時にはどのように選ぶでしょうか?

おそらく「通いやすい場所」「メニュー」「サロンの雰囲気」「料金」「クーポン等の割引の有無」「口コミ」などの情報を見た上で総合的に判断をされるか、知り合いの方が通っているサロンなどを紹介されて、というパターンもあると思います。

知り合いの方の紹介であれば、その方が先にそのサロンへ行っているわけでお店の雰囲気や技術力などについても直接聞くことが出来ますから、あまり失敗はないようです。

一方の全く初めてのサロンの場合、どうしてもネットなどの情報が判断基準になりがちです。その際のポイントは「料金」のみで判断してはいけないということです。

 

施術前カウンセリングが失敗を防ぐ

 

まつげエクステはサロンによってその価格はまちまちですが、1回の施術に5000~10000円かかるケースが多く、リペアなどで通いながらメンテナンスをすることを考えても決して安くはありません。ですからどうしてもリーズナブルな価格のサロンに目が行きがちですが、サロンを選ぶ際には必ずカウンセリングを丁寧にするサロンか否かと、口コミでの満足度が高いかどうかをチェックしてください。

カウンセリングをきちんとすることで、施術者であるアイリストと仕上がりイメージを具体的に共有することが出来ます。どんな雰囲気にしたいのか、逆にしたくないのかを事前にしっかりと伝えておくことで、仕上がりを見てがっかりするような事はなくなるでしょう。

 

技術力が高いアイリストに施術してもらう

 

しかしながら、なかにはカウンセリングはきちんとするものの、実際にはカウンセリングした内容を活かしきれておらず仕上がりに対しての満足度が低いケースもあります。

それは主にそのアイリストの技術不足による要素が多いのですが、この技術力不足に関しては口コミを見て情報を得る以外に、事前に知る術はありません。

技術力に関してはまつげエクステの持ちなどにも影響してくる部分でもありカウンセリングと並んで重要なポイントですから、是非サロンを選ぶ際には知っておきたい情報ですので、口コミがある場合にはしっかりと口コミを読んで下さい。

口コミ数が多くて読み切れない場合には、そのサロンへ初めて行った方が書いた口コミ、リピーターの方が書いている口コミ、そして低い評価をしている方がいればその方の口コミをいくつか適当にピックアップして読むことがおススメです。

 

仕上がりを左右する沢山の要素

 

まつげエクステはまつげという短くて細い毛に施すものですが、まつげは目元の印象を大きく左右する重要なパーツであるために、似合うデザインを選ぶには実に多くの要素を考慮する必要があります。

まずはベースとなるまぶた。二重なのか奥二重なのか一重なのか、二重は二重でもその形によってもまた異なります。

そして目の形や大きさも重要です。つり目なのかたれ目なのか、大きくてぱっちりした目なのか、つぶらな目なのか。

そして自まつげの状態。元々まつ毛が多くて長さがある方と、量が少なかったり毛が細い方とでは違いますし、そして個々で生え方にくせがあることが殆どです。

 

目というパーツのみで考えないのが「似合わせまつげ」

 

また、目というパーツだけではなくお顔のバランスを考慮することも忘れてはいけません。

顔型にも影響される部分ですが、お顔全体の中で目がどのような位置にあるかはまつげエクステを自然に仕上げるためにとても重要なファクターです。

面長や逆三角形のお顔の形の方は目がお顔の中で上のほうにあるので、あまりカールを強めにしたり長さを出したまつげエクステを上まつげだけにつけてしまうと、面長を強調してしまいますし、離れ目がちな方が目尻にポイントを置いたデザインをしてしまうと、より離れ目が際立ってしまうことになります。

まつげエクステにはシルク、ミンク、セーブルなどの毛質のほかにもカールの種類も多数あり、それに加えて太さや長さも選べます。どのようなまつげエクステを選ぶかで、目元の印象は本当に大きく変わります。

なんだか似合わないな、目が小さく見える、など感じた場合にはこの毛の選択が間違えていることが多いのです。毛質の質感は見た目にも違いが分かるものなので、デザインに違和感がある場合には毛質とカールを変更してみることをおススメします。

元々の目の形やその方の自まつげや年齢や普段のメイクやファッションなどによって、似合うまつげエクステの種類やデザインは変わってきます。

よくヘアサロンなどで「似合わせカット」などと書いていますが、あれもその方の髪型だけではなくてお顔の形や身体の骨格やファッションや雰囲気などを考慮に入れてカットをされていると思いますが、まつげに関しても同じことが言えるのです。

 

まつげエクステで失敗しないために

 

しかしながら、自分の雰囲気に合ったまつげを自分で把握するのは難しいものです。なんとなく感じた違和感や満足できない気持ちを感じてしまうと、そのまま「まつげエクステは似合わないんだな」と遠ざかってしまう方も多いでしょう。

実際には満足できるデザインがあるかもしれないにも関わらず、残念なことです。

まつげエクステでの失敗を避けるのであれば、カウンセリングをしっかりしてくれて技術力が高い、カウンセリングを元にして具体的なデザインなど的確な提案をしてくれるような信頼できるアイリストやサロンを見つけることです。

実際に行かないと分からない部分も多いのですが、まずは口コミやそのサロンが発信しているブログやSNSなどをチェックしてみてください。

詳細を見る

眉毛のエクステ

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

kahala_56

眉毛のエクステがあることをご存知ですか?

だいぶポピュラーになってきたまつげエクステと比べると施術を受けられるサロンも少なくまだまだ知られてはいません。まつげエクステは自まつげに人工のまつげエクステをつけていきますが、眉毛のエクステも同じように自眉に専用のエクステを装着していきます。

 

眉毛メイクは難しい…?

 

眉毛は流行によって形も変わってきました。左右対称の美しい眉をメイクで作ることはテクニックが必要で、メイクの中でも難しいと言われているパーツです。またまゆげを抜きすぎてしまって一部が薄くなっていたりして、お化粧前後で最も変化する部分と言っても過言ではありません。

眉毛のメイクと言えば、毎日アイブロウペンシルやパウダー、リキッドや眉用のマスカラなどを用いて行う以外にも、以前からアートメイクという手法がありました。

 

アートメイクとは

 

アートメイクとは皮膚に専用の針を使って眉毛やアイラインなどに色をつける手法で、医師が行う医療行為です。

刺青と似たようなイメージではありますが、刺青よりも皮膚の浅いところに色を入れていくので痛みも少なく年月の経過とともに色が徐々に薄くなっていきます。

皮膚に色をつけていくのですから、水はもちろんメイク落としなどで落ちてしまうことはなく、スッピンでもキレイな眉毛やアイラインを保て、メイク時間の短縮になることが最大のメリットです。

経年で薄くなってはくるものの完全に消えることはないので仕上がりに満足できなかった場合などはトラブルになることも多く、また傷が化膿するようなトラブルになるケースもあるようです。完全に消すためにはレーザーで除去する必要があり、リスクも大きいと言えるでしょう。

 

眉毛エクステのメリットとデメリットは

 

一方の眉毛エクステは、元々生えている自分の眉毛に装着していくタイプなので、アートメイクのように一度施術したらデザイン変更も出来ないというリスクがない代わりに、長期間維持することが出来ません。

しかし、毛を付け足していくので描いた眉毛とは違う立体的で毛流れのある自然な眉毛の仕上がりになります。また、カラーなども選ぶことが出来、好みのデザインに仕上げることが可能です。

長期間は維持出来ませんが、逆に流行の眉毛の形に変更することが可能であるのはメリットのひとつとも言えます。

最大のメリットはメイク時間が短縮されること。そしてスッピンでもキレイなまゆ毛を維持出来ることです。

皮脂分泌量など個人差があるため一概には言えませんが、持ちはまつげエクステよりも短く2週間ほどであり、本数やサロンにもよりますが施術にかかる金額が1回5000円ほどを考えるとコストがかかることがデメリットです。また、現時点では取り扱いサロン数が少ないため施術を受けられる場所が限られているのもデメリットです。

 

まゆ毛エクステはこんな方におススメです

 

・メイク時間を短縮したい

・眉毛メイクが苦手

・自眉が薄い 一部生えてこない部分がある

・汗をかいて眉メイクがよく落ちてしまう

 

まゆ毛エクステのお手入れ方法

 

まゆ毛のエクステのお手入れや生活する上での注意点はまつげエクステと同じです。

オイルクレンジングを避けて、洗顔時にこすったりタオルで引っかかったりしないように注意することが長持ちのポイントです。眉マスカラやペンシルではなくパウダーで仕上げるとまゆ毛エクステへの負担も少なくナチュラルに仕上がります。

プールやスポーツで汗をかいても、まゆげエクステをしていればキレイなまゆ毛を保つことが出来ますが、まつげエクステと同様にまゆ毛エクステも汗とともに分泌される皮脂に弱いので、習慣的にプールへ行ったりスポーツをされる方は通常よりも持ちが悪くなる可能性はあります。

 

まゆ毛エクステの施術を受けるには

 

まゆ毛エクステは取り扱いのあるサロンで施術を受けることが出来ます。眉毛カットやトリートメントなどを行ってくれるサロンはある一方で、まゆ毛エクステとなるとまだ取り扱いサロンが少なくはありますが、まゆげエクステも話題で人気が出てきているので、まつげエクステのように取り扱いサロンが増えていくかもしれません。

詳細を見る

【橋本店オープンのお知らせ】

2017.11.29
eyelash-kahala.com-editor コメントする お知らせ

11/29(水) カハラ橋本店がオープンいたしました。

神奈川県内では2店舗目、JR横浜線・相模線、京王相模原線 橋本駅 北口より徒歩5分!

住所:神奈川県相模原市緑区橋本3-19-21 ハピニス・ライフB-5F

営業時間:平日10:00~20:00/土日祝10:00~19:00

http://www.eyelash-kahala.com/salons/hashimoto

詳細を見る

カハラオリジナル 求人動画を公開しました。

2017.11.07
eyelash-kahala.com-editor コメントする お知らせ

美容師免許お持ちの方必見!オリジナル動画を公開しました!


<美容師からの転職について>

アイラッシュリゾートカハラでは、美容師から転職の方が大変増えております。お客様に直接かかわりたいのに、なかなかアシスタントから抜け出せない方・立ち仕事で腰を痛めてしまった方・シャンプーやカラー材による肌のトラブルを抱えてしまった方・美容師免許はもっているが、アパレルなどの別業種で働いていた方など一からスタートできますので、安心して応募してみてください。


今回制作いたしました動画では、美容師見習いからアイリストへ転職をしたヒロインのアイリストデビューまでを描いております。ぜひご覧ください!

【美容師からアイリスト】求人情報はこちら

詳細を見る

【成城店オープンのお知らせ】

2017.10.27
eyelash-kahala.com-editor コメントする お知らせ

10/27(金) カハラ成城店がオープンいたしました。

小田急電鉄 成城学園前駅 南口より徒歩2分!

駐車場2台、駐輪場完備しています。

住所:東京都世田谷区成城2-23-7 

営業時間:平日10:00~20:00/土日祝10:00~19:00

http://www.eyelash-kahala.com/salons/seijo

詳細を見る

つけまつげとは

2017.10.04
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

WS000050

つけまつげとは書いて字の如く、付けるまつげのこと。

ナイロンで作られた人工のまつげで、まつげを強調したり好みの形に見せるために装着する化粧の一種です。まぶたのふちに専用の接着用のノリで貼りつけます。

上まつげに装着するものが主ですが下まつげ向けに作られたつけまつげもあります。

日本で最初につけまつげが商品化されたのは1947年のことで、2000年ごろ日本に入ってきたと言われているまつげエクステと比較すると、つけまつげは昔から使われてきたまつげメイクの手法であるということになります。

 

つけまつげの種類

 

つけまつげはその使用目的に合わせて様々なデザインが存在します。

基本的には出来上がったまつげデザインをそのまま接着剤でつけることができるため自まつげの状態に仕上がりを左右されません。

他人につけまつげを付けていることが分からないような自然な仕上がりを求める方向けの“ナチュラル”デザインから、全体的に均一に長さやボリュームを出すようなデザインをベースに中央の黒目を強調するような“キュート”デザイン、目尻に長さを出したデザインなどがあり、さらにつけまつげの長さやボリュームや束感などで変化をつけることで、よりゴージャスな印象にするようなデザインもあります。

中にはスワロフスキーなどのストーンがあしらわれているものや、ラメやホログラム素材で作られているようなつけまつげも売られています。

このように、普段使い出来るナチュラルなものから舞台や仮装などで使うような印象的なデザインのものまで多種多様に存在します。

 

つけまつげの購入方法

 

つけまつげは種類も豊富ですが、価格も100円で買えるプチプライスなものから1000円以上する物まであります。

購入方法は100円ショップのほかドラッグストアや雑貨店などでも入手することが出来ますし、ネット通販などでは様々なデザイン、価格帯のつけまつげを購入することが出来ます。様々な場所で購入が出来るので、出先で必要になっても買う事が出来ることはつけまつげの特徴のひとつです。

 

つけまつげの装着

 

つけまつげは装着が非常に重要なポイントです。装着が上手に出来ないと仕上がりが不自然になったりすぐに取れてしまったり、まぶたや自まつげにダメージを与えてしまう可能性もあるため慎重に丁寧に行う必要があります。

上手に装着するにはコツがあり多少のテクニックも必要ですから、慣れるまで人によっては時間がかかることもあるでしょう。

つけまつげを装着する時には、つけまつげ以外にもいくつか準備する必要がある物があります。鏡と接着用のノリ、そしてつけまつげを自分の目に合わせてカットするために必要な小さ目のハサミです。ハサミは眉毛をカットするような化粧用の小さいハサミが便利です。

接着用のノリはつけまつげに付属されている物もありますが、別売りで売っているものを利用しても良いでしょう。特に初心者は筆タイプのノリが使いやすいのでおススメです。

 

つけまつげ装着の流れ

 

つけまつげをつけるのは、アイメイクを全て終えてから。

ビューラーを使って自まつげにカールをつけておくと、つけまつげと馴染んで自然な仕上がりになります。

つけまつげをパッケージから丁寧に外すのもキレイに装着するためには欠かせない大事なポイントです。台紙から無理に引っ張って外してしまうと形が崩れたり壊れてしまう可能性があるので注意が必要です。

新しいつけまつげは少し硬いので、軽く揉んで柔らかくしておくとつけやすくなります。実際に目元に乗せて仕上がりのシュミレーションをし、つけまつげを必要な長さにカットしたら、いよいよ接着用のノリをつけて実際にまぶたに装着していきます。

この際にノリは付けすぎず薄く均等につけておくことが失敗しないコツです。

ノリをつけたら目を伏し目がちにしてシュミレーションを思い出しながら目尻とつけまつげの目尻の位置を確認しながらつけまつげを置き、目を開けてつけまつげの位置を確認しながら目のカーブに沿うようにして調整していきます。

目頭や目尻は付きにくいので意識的にしっかりと接着するとキレイな仕上がりになります。

つけまつげの装着が終わったら、自まつげと馴染ませながら微調整を行います。ホットビューラーなどを使っても良いのですが、火傷のリスクやまつげにダメージを与えてしまう可能性もあるので、指でそっと下から持ち上げるようにする方法が自然なカールを負担なくつけることが出来るのでおススメです。

最後に仕上がりを見て、自まつげとつけまつげが少し浮いて見えてしまう場合やつけまつげがついていない(目頭などの)部分が目立ってしまっている場合には、リキッドのアイラインで間を点で埋めるようにすると良いです。

 

つけまつげを外す際の注意点

 

つけまつげはまぶたやまつげへの負担を考えてもつけた当日に外しましょう。接着用のノリで装着されていますから、無理やり引っ張ったりするとまぶたに負担をかけることになります。また、自まつげにノリが付着していた場合には、引っ張ることで抜けてしまうこともあるので絶対に無理に引っ張って外さないようにして下さい。

リムーバーなどを使って目尻から優しく丁寧に外していきます。リムーバーがない場合には濡れコットンなどを目元に当ててノリをふやかしてからつけまつげを外すようにしましょう。

また、どんなに丁寧に優しく外してもまぶたにノリでつけまつげを装着していたことで多少なりとも負担はかかっていますから、つけまつげを外した後でまつげ美容液やアイクリームなどでケアをするのがおススメです。

詳細を見る