眉毛のエクステ

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

kahala_56

眉毛のエクステがあることをご存知ですか?

だいぶポピュラーになってきたまつげエクステと比べると施術を受けられるサロンも少なくまだまだ知られてはいません。まつげエクステは自まつげに人工のまつげエクステをつけていきますが、眉毛のエクステも同じように自眉に専用のエクステを装着していきます。

 

眉毛メイクは難しい…?

 

眉毛は流行によって形も変わってきました。左右対称の美しい眉をメイクで作ることはテクニックが必要で、メイクの中でも難しいと言われているパーツです。またまゆげを抜きすぎてしまって一部が薄くなっていたりして、お化粧前後で最も変化する部分と言っても過言ではありません。

眉毛のメイクと言えば、毎日アイブロウペンシルやパウダー、リキッドや眉用のマスカラなどを用いて行う以外にも、以前からアートメイクという手法がありました。

 

アートメイクとは

 

アートメイクとは皮膚に専用の針を使って眉毛やアイラインなどに色をつける手法で、医師が行う医療行為です。

刺青と似たようなイメージではありますが、刺青よりも皮膚の浅いところに色を入れていくので痛みも少なく年月の経過とともに色が徐々に薄くなっていきます。

皮膚に色をつけていくのですから、水はもちろんメイク落としなどで落ちてしまうことはなく、スッピンでもキレイな眉毛やアイラインを保て、メイク時間の短縮になることが最大のメリットです。

経年で薄くなってはくるものの完全に消えることはないので仕上がりに満足できなかった場合などはトラブルになることも多く、また傷が化膿するようなトラブルになるケースもあるようです。完全に消すためにはレーザーで除去する必要があり、リスクも大きいと言えるでしょう。

 

眉毛エクステのメリットとデメリットは

 

一方の眉毛エクステは、元々生えている自分の眉毛に装着していくタイプなので、アートメイクのように一度施術したらデザイン変更も出来ないというリスクがない代わりに、長期間維持することが出来ません。

しかし、毛を付け足していくので描いた眉毛とは違う立体的で毛流れのある自然な眉毛の仕上がりになります。また、カラーなども選ぶことが出来、好みのデザインに仕上げることが可能です。

長期間は維持出来ませんが、逆に流行の眉毛の形に変更することが可能であるのはメリットのひとつとも言えます。

最大のメリットはメイク時間が短縮されること。そしてスッピンでもキレイなまゆ毛を維持出来ることです。

皮脂分泌量など個人差があるため一概には言えませんが、持ちはまつげエクステよりも短く2週間ほどであり、本数やサロンにもよりますが施術にかかる金額が1回5000円ほどを考えるとコストがかかることがデメリットです。また、現時点では取り扱いサロン数が少ないため施術を受けられる場所が限られているのもデメリットです。

 

まゆ毛エクステはこんな方におススメです

 

・メイク時間を短縮したい

・眉毛メイクが苦手

・自眉が薄い 一部生えてこない部分がある

・汗をかいて眉メイクがよく落ちてしまう

 

まゆ毛エクステのお手入れ方法

 

まゆ毛のエクステのお手入れや生活する上での注意点はまつげエクステと同じです。

オイルクレンジングを避けて、洗顔時にこすったりタオルで引っかかったりしないように注意することが長持ちのポイントです。眉マスカラやペンシルではなくパウダーで仕上げるとまゆ毛エクステへの負担も少なくナチュラルに仕上がります。

プールやスポーツで汗をかいても、まゆげエクステをしていればキレイなまゆ毛を保つことが出来ますが、まつげエクステと同様にまゆ毛エクステも汗とともに分泌される皮脂に弱いので、習慣的にプールへ行ったりスポーツをされる方は通常よりも持ちが悪くなる可能性はあります。

 

まゆ毛エクステの施術を受けるには

 

まゆ毛エクステは取り扱いのあるサロンで施術を受けることが出来ます。眉毛カットやトリートメントなどを行ってくれるサロンはある一方で、まゆ毛エクステとなるとまだ取り扱いサロンが少なくはありますが、まゆげエクステも話題で人気が出てきているので、まつげエクステのように取り扱いサロンが増えていくかもしれません。