まつげエクステ施術前に気を付けるポイントは?

2017.03.09
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

120502_施術b_0009

まつげエクステはデリケートな目元に行う施術ですので、実際にまつげエクステを付ける前に注意しておいたほうが良いポイントがあります。

場合によっては施術を受けられないケースもあるため、サロンへ行く前に各サロンのホームページなどで確認をしておく必要があります。

例えば「目元に疾患がある方」「妊娠中の方」などは施術が出来ないサロンも多くあるため、事前の確認は必須です。美容整形やレーシック手術を受けた場合やまつげパーマ施術後は一定期間まつげエクステが出来ない店舗などもありますし、ウエディングなどのイベント前の施術に関しても直前の施術は不可としている店舗もあるので、何か気になる事があったら予約時に確認しておくと安心です。

 

なぜ施術が出来ないケースがあるのか?

 

まず、施術を行う場所が目元というデリケートな場所であることも要因のひとつです。

まつげエクステは自まつげに専用の「グルー」と呼ばれる接着剤を用いて人工毛であるまつげエクステンションを接着していくものです。

このグルーが体質的に合わずにアレルギー反応などを起こしてしまうケースがあり、元々アレルギー反応が出てしまう方に加えて、妊娠中の方は今まで大丈夫だったものに妊娠を期に体質が変化してアレルギー反応が出てしまう方もいるため、安全性を考えて施術不可としているサロンも多いようです。

ウエディング直前の施術に関しても同様で、今までアレルギー反応などが出ていない場合でも体調や心理的コンディションの変化などで、急にアレルギー反応等が出る可能性もあるため、直前ではなく一定の期間前に施術を行う事を推奨しているサロンが多いです。

また、もともと目元に何らかの疾患があった場合は特に、疾患を悪化させてしまう原因にもなりかねない危険性があります。

アレルギーに関しては事前にパッチテストなどを行えるサロンもあります。

 

施術当日の注意点

 

マスカラやアイラインなどの目元のメイクが残っていると、まつげエクステをキレイに装着することが出来なかったり、持ちが悪くなる要因となるため、アイメイクはせずに来店することを推奨しているサロンが多いです。

(誤解されることもありますがファンデーションやアイブロウやチークなど、アイメイク以外は普通にしていても大丈夫です。)

ちなみに、アイメイクをしたまま来店しても、サロン内でメイクを落とすことが出来るようになっているサロンも多いですが、店舗によってはメイクオフに関して代金が発生するケースもあります。また、施術中はコンタクトレンズを外すため、コンタクトケースや眼鏡などを持参する必要があります。

 

施術後の注意点

 

まつげエクステをつけた当日は、接着面がきちんと乾いて安定するまで時間がかかるため、その間は出来るだけまつげエクステを濡らさないようにすることが重要です。

まつげエクステと自まつげを接着しているグルーは施術後もゆっくりと揮発しながら徐々に乾いていきます。この乾く時間はグルーの種類によってまちまちですが、一般的には

5時間ほどは洗顔、シャワー、お風呂を避ける必要があると言われています。

完全に乾ききる前に濡らしてしまうと、まつげエクステが取れやすくなる原因となるため特に夕方以降に施術を行う場合にはお風呂の時間など注意が必要です。

また、5時間経過後であっても濡れたまつげエクステはそのままの自然乾燥するよりもドライヤーの冷風で完全に乾かすと良いです。

入浴後のドライヤーの冷風による乾燥は施術当日だけではなく、出来るだけ毎回行うことが長持ちの秘訣です。なお、温風で行ってしまうと火傷をしてしまう可能性があるため、必ず冷風で行うよう注意してください。

また、目を擦ったりするのもNG。施術当日だけではありませんが、施術当日は先ほどあげたように接着面が完全に乾燥していない可能性があるため、その状態で目元を擦ってしまうとまつげエクステが取れてしまいます。

 

日常生活での注意点

 

まつげエクステは目元をこするなどの刺激に弱いため、目元をゴシゴシこすらないよう意識をする必要があります。

毎日の洗顔で化粧を落とす際のクレンジングは特に注意が必要で、オイルクレンジングの種類によってはまつげエクステが取れやすくなってしまうものもあります。

コットンなどを使用して化粧を落とす場合にも、コットンなどの繊維がまつげエクステに絡まると引っ張られてまつげエクステが取れる原因になるため、繊維が絡まりやすいコットンは避けたほうが無難です。

目元のアイライナーなどの細かい部分などは、細い綿棒などを使用して、まつげエクステに絡まないよう気をつけながら落とすのがポイントです。

まつげエクステがついている時の上手なクレンジング方法については、まつげエクステを施術したサロンで相談してみるのもひとつの方法で、サロンによっては、まつげエクステをしていても使用できるクレンジングを扱っている場合もあるので、どのようなクレンジングが良いか分からない場合にはサロンで聞いてみましょう。

まつげエクステの状態維持にも、自まつげの健康のためにもまつげ美容液は洗顔後のキレイな状態のまぶたや目元に使用すると効果的です。

また、寝ている間のことはコントロールが難しいですが、うつぶせで寝てしまうと、まつげエクステが曲がってしまったりするため、仰向けで寝るよう意識しているとよりまつげエクステの状態を保つことが出来ます。

 

まつげエクステの施術や日頃の扱いに関しての注意点はいくつかありますが、通っているサロンによって異なる部分も多いため、事前に確認しておくことをおススメいたします。