まつげエクステを長持ちさせるには

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

WS000132

せっかくつけたまつげエクステは出来るだけ長くキレイな状態を維持したいものです。

そのためのポイントは様々ありますが、大きく分けると2つあります。

ひとつは技術力があるアイリストに施術をしてもらうこと。そしてもうひとつはつけた後の自宅でのケアを適切に行うことです。

まつげのような細く小さいパーツを個人差のあるまつげやまぶたの状態を見極めながら装着していくまつげエクステは、とても繊細な作業です。そうした作業を行う技術は職人技と言えますから、実際アイリストの力量による部分が大きく、それによってまつげエクステの持ちが左右されます。

アイリストに必要なのは、まつげエクステを接着する技術はもちろんのこと、自まつげに対してそれがまつげエクステを装着すべきまつげであるか否かを見極めたり、まつげの生え癖やまぶたの形などを考慮しながら、その方に適したまつげエクステやデザインを選ぶことが出来るような経験や知識を求められるのです。

過去にまつげエクステをしたことがあり、満足いく仕上がりにならなかった、施術後すぐにまつげエクステが外れてしまったという方などは、施術者が変わることで解決できることもあります。

しかしながら、どんなに優れた技術を持ったアイリストに施術をしてもらったとしても、出来るだけそのまつげエクステをつけたばかりのキレイな状態を長く維持するためには、自宅での適切なケアが必要不可欠です。

 

マツエク施術当日に気をつけること

 

まつげエクステは一度外れてしまってからでは、サロンへ行って付け直すなどしなくてはならず簡単に自分では元に戻せません。

そのため、まつげエクステをキレイな状態で長持ちさせるためにはとにかくダメージを与えないように予防することが第一です。

まつげエクステは自まつげに専用の接着剤で装着されているため、この接着剤が取れないように気を付けなくてはいけません。

まず施術を受けた当日にきちんとグルーを乾かすことが重要で、グルーは水分によって硬化しますが、完全に固まる前に大量の水分に触れると接着面が弱くなりまつげエクステが早く取れてしまう可能性があるため注意が必要です。そのため施術をした時間によっては当日の入浴を避けたほうが良い事もあります。

使用するグルーの種類によって硬化までにかかる時間は違ってきますので、施術をしてくれたアイリストに確認すると安心です。

 

目の周りやまつげを触るのを避ける

 

施術当日はもちろんのこと、その後も目の周りやまつげを触るのは意識的に避けたほうが無難です。指には皮脂などの油がついていてまつげエクステを接着しているグルーにとっては良くないですし、まつげに触れて刺激を与えることでまつげエクステが取れやすくなってしまう可能性があります。

クレンジングや洗顔、メイクをする際にはどうしても目の周りやまつげに触れることになりますが、その場合には極力まつげに強い刺激を与えないように気をつけましょう。

特に横にこするような刺激は致命的なので、その点を意識することだけでもダメージを抑えることが出来ます。

 

マツエク時のクレンジングのコツ

 

まつげエクステはオイルが苦手なので、使用するのはマツエクOKのクレンジングであることが大前提です。

まつげエクステのサロンで取り扱っているクレンジングであればなお安心ですが、最近ではドラッグストアなどでもまつげエクステOKのクレンジングを購入することが出来ます。

そうしたクレンジングを使用して優しくメイクを落とします。

コットンなどでふき取るのは、繊維がまつげエクステに引っかかる可能性があるので目元の周りは避けたほうが良いでしょう。同じ理由で洗顔後にはタオルがまつげに引っかかってしまう事があるため、目の周りだけはティッシュなどで押さえて水分を取るか、タオルを使用する際にも顔をこするような動きは避けて優しくそっと押さえるようにして水分を取ってください。

 

入浴後のケアについて

 

濡れたまつげはコームで梳かし、ドライヤーの冷風で乾かしましょう。このひと手間があるのとないのでは大違いですから、まつげエクステをキレイな状態でキープするためには少し面倒でも是非行っていただきたいです。

まつげは濡れたままの状態ではダメージも受けやすく、そのまま眠ってしまっては変な癖がついてしまう事もありますから、もしコームがなくともドライヤーで乾かすことは髪の毛を乾かすついでに行ってみてください。

そのあとはまつげ美容液を使用するのがおススメです。

自まつげが弱って抜けてしまうとまつげエクステも一緒に取れてしまいますし、まつげ美容液を使うことでダメージをケアし健やかなまつげを育むことで、まつげエクステも長く楽しむことが出来ます。

まつげ美容液には様々な種類がありますが、コーティングする効果のあるものを使用するとまつげエクステの持ちも良くなります。

乾燥もまつげに良くないので、夜は保湿効果の高い物、朝はコーティング効果のある物、など使い分けるのもおススメです。

 

ダメージ予防と日々のケアを

 

まつげエクステをキレイな状態で長持ちさせるためには、まず極力まつげにダメージを与えない事と毎日きちんとケアをすることが大切です。

そうすることで、自まつげも健康的に、そしてまつげエクステも長く良い状態で維持することが可能になってきます。

日々のケアについては慣れるまでは多少手間に感じるかもしれませんが、そのひと手間でまつげエクステの持ちが変わってきますので少しだけ意識をしてみてくださいね。