まつげエクステとメイク

2017.04.10
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

DJA023003

まつげエクステは、自まつげの11本に人工のまつげエクステを専用の接着剤(グルー)で使って装着するので、とても自然にまつげのボリュームや長さを出すことが出来ます。

カールの強さなども選ぶことが出来るため、ある程度カールのついている種類のまつげエクステを選べばくるんとカールしたビューラー後のまつげのような状態を常にキープできるので、メイク時間の短縮になることがまつげエクステのメリットのひとつです。

つまり、まつげに関してビューラーを使ってまつげをカールさせ、マスカラ下地を塗り、マスカラを塗り…という工程が不要になるので、メイクにかかる時間が少なくなるということです。

 

まつげエクステ装着時のメイクの注意点

 

まつげエクステの刺激や負担になるようなメイクは出来るだけしないことが、まつげエクステをキレイに長持ちさせるためのコツです。

まつげエクステにとって一番の刺激は、クレンジングなどで目元の化粧を落とす際に目を擦ることなので、ごしごし擦らないとメイクが落ちないようなウォータープルーフのアイラインなどは避けたほうが良いでしょう。

なお、使用するクレンジングについても重要で、(使用できるものもありますが)オイルフリーのクレンジングを選んだり、目元の細かい部分のメイクを落とす際には細い綿棒などを使って、まつげエクステが引っかからないように注意しながら落としていくと良いです。

まつげエクステに負担の少ないクレンジングについては、まつげエクステを施術出来るサロンで販売されていることもあるので、何を使用したら良いのか分からない場合には通っているサロンで相談してみてください。

また、ビューラーなどはまつげエクステをつけていない状態のまつげにとっても負担は大きく、特にまつげエクステがつている状態でビューラーを使用するとまつげエクステが抜けてしまう可能性があります。

 

まつげエクステ装着時のメイクのコツ

 

まつげエクステは、マスカラやつけまつげのように毎日つけたり落としたりするものではなく、自まつげの毛周期に合わせて自然に一緒に抜けていくか、何らかの刺激や原因で抜けるまではずっと付いているものなので、メイクをしていないノーメイクの状態でもまつげにボリュームがあるため目元が寂しくならないのもまつげエクステの魅力のひとつです。

ナチュラルメイクが好みの方にとっては、まつげエクステをしている間は目元のメイクはしなくても大丈夫というケースもありますが、まつげエクステをされた目元にメイクをするという方ももちろん多いのですが、まつげエクステをしている目元にメイクをする際には少しコツが必要です。

 

まつげエクステ装着時のアイライン

 

まつげエクステをつけることで、根元もまつげが密集しているよう見えることでアイライン効果があるため、日ごろナチュラルメイクをされている方には必要ないこともあります。

 

アイラインが必要という方は、まつげエクステのついている目元にアイラインを引く時には、ペンシルのアイライナーは使用せずリキッドやジェルタイプのものを使用しましょう。

ペンシルタイプのアイライナーを使用するとまつげの根元に刺激になり、まつげエクステが取れてしまう可能性があります。

リキッドタイプやジェルタイプのアイライナーをまつげとまつげの間を埋めるような感覚で点を置いていくように書くとまつげにかかる負担を少なくすることが出来ます。

また、アイラインを部分的に描くのもおススメです。

まつげエクステがついている部分にはアイラインを描かず、目尻部分だけに描くとまつげの負担も少なく済みます。

 

まつげエクステ装着時のマスカラ

 

まつげエクステをつけている間は基本的にはマスカラは必要ないはずですが、もし使用するのであればお湯でオフ出来るタイプのマスカラを使用することをおススメします。

落ちにくいウォータープルーフのマスカラなどを使ってしまうと、メイクを落とす際の負担が大きく、まつげが抜けてしまう可能性があります。

まつげエクステをしていても使用できるマスカラも販売されているのでそうしたマスカラを使用するか、まつげエクステのサロンでおすすめの物を使用しましょう。

まつげ美容液などを透明マスカラのように使用することも出来ます。

また、ビューラーは負担が大きく、まつげエクステが折れてしまったり自まつげごと抜けてしまったりする可能性があるためあまり使用しないほうが良いでしょう。

 

まつげエクステ装着時のアイシャドウやアイブロウ

 

装着するまつげエクステのデザインや本数によっても仕上がりのイメージは大きく変わってくるため一概には言えませんが、まつげエクステを装着後はそれ以前と比較すると目元にボリュームや存在感が出るため、まつげエクステをする前と後では似合うアイシャドウやアイブロウも違ってくるケースがあります。

アイブロウに関しては、まつげエクステのついたボリュームのある目元とのバランスをとる必要があります。(いつもよりすこし長めかつ太めに描くとバランスが良いことが多いです。)

また、アイシャドウに関してはあまり色味が強くないものを使うほうがまつげエクステ邪魔せず、逆に際立たせるのでおススメです。まつげエクステを上まつげだけにつけている場合には、濃い締め色を下まぶたの目尻3分の1ほどに乗せるとバランスが良くなります。

 

まつげエクステをつけることで、今までとは違ったアイメイクを楽しむことも出来るので、色々と試してみると面白いでしょう。