まつげエクステが出来ない事がある!?

2017.12.14
eyelash-kahala.com-editor コメントする コラム

施術3

取り扱っているサロンも増えたこともあり、なんとなく手軽にメイク感覚で施術を受けられるようなイメージをお持ちの方もいるかもしれない“まつげエクステ”ですが、実は場合によってはまつげエクステの施術が出来ない事があるということはあまり知られていません。

サロンのホームページなどにも注意書きとして書かれていることもありますが、様々な理由によってまつげエクステの施術が出来ない事があるのです。

それを知らずに予約してしまい、せっかくサロンへ行ったにも関わらず肝心の施術が出来ない、などという事態は避けたいものです。では、まつげエクステが出来ないケースとはいったいどのようなケースなのでしょうか。

 

グルーでアレルギー症状が出る場合

 

過去まつげエクステ施術をした際にアレルギー反応が出てしまった方はもちろん、体質的にアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

まつげエクステによるアレルギー症状のほとんどはグルーによるものですが、過去に使用したものと異なる種類のグルーを用いることで安全にまつげエクステを施術出来る場合もあります。

ですから、過去にアレルギー症状が出たからと言って100%施術を受けることが出来ないわけではありません。またその逆で、アレルギー症状は突然出る事もあるので、それまでの施術でアレルギー症状がでたことがなかったとしても今回もアレルギー症状が出ないという100%の保証はないのです。

アレルギーが心配な方は特にその安全性を確かめるためにパッチテストを受ける必要があります。まずサロンにパッチテストがあるかどうか、確認してください。

そのうえで予約を行い、パッチテストを行います。このパッチテストはサロンによって異なりますが、両目に数本まつげエクステをつけてアレルギー症状が出ないかを数日間様子を見ます。それで問題がなければ施術を行うことが出来るのものです。

パッチテストは義務ではありませんからパッチテストを受けなくても施術を受けることは出来てしまいますが、アレルギーについて心配がある方はまずはパッチテストを受けることをおすすめ致します。

 

結婚式などのイベント直前のまつげエクステ

 

結婚式のためにまつげエクステをつける方もとても増えてきました。なるべく式本番近くにまつげエクステをつけたほうが、まつげエクステがキレイについている状態で式にのぞめると思われると思います。しかし、先ほどのアレルギーの問題があり、式直前での施術はサロンによっては出来ない場合もあります。

結婚式などのイベントはハッピーなイベントでもありますが、様々な事情が重なり本人に自覚がなくても精神的や身体的に負担がかかっていることがあるのです。こうしたストレスでお肌状態もデリケートになっていて、今までアレルギーなどには無縁だった方でもアレルギー反応がおこる可能性があります。可能性として低くても、万が一アレルギー症状が出てしまい目が腫れたり充血してしまった場合治癒までに時間がかかってしまい、式本番に影響が出てしまう可能性があるため、式直前での施術はおすすめ出来ませんし、実際施術を受けられないサロンが多いようです。

そうしたイベントに向けてまつげエクステをつける場合には、しっくりするデザインで当日を迎えるためにも数回リペアや付け直しをするくらいの余裕をもったスケジュールで考えられると失敗や不安もすくなくすみます。

 

妊娠中の方のまつげエクステ

 

妊娠中の方でも施術が受けられるサロンも多くある一方で受けられないサロンもあるので、予約時には確認が必要です。

妊娠中の方の施術が出来ない理由は、妊娠中はホルモンバランスが大きく変化していることで体質にも変化が起こることが多いため、今までアレルギー症状が出たことがなくても妊娠を期にアレルギーが起きてしまう危険性があるからです。

まつげエクステ自体は妊娠中の方でも問題はありませんが、このようなアレルギーに関するリスクと、施術中の仰向けで寝転んだ体勢がお腹の大きな妊婦さんには負担になったりすることもあります。特にお腹が張りやすい方、切迫早産などの危険があると医師から言われている方などは妊娠中のまつげエクステはしないほうが無難かもしれません。

 

まぶたに何らかの疾患がある場合

 

まぶたに傷などの外傷がある場合や、ものもらいや結膜炎などの症状がある方はまつげエクステの施術が受けられません。また、それ以外でも何らかの理由で眼科に通院されている方は基本的には施術を受けない方が良いでしょう。

無理に施術を受けてしまうと症状を悪化させたりする可能性があるため、何らかの疾患がある方は症状が治癒してからか、少なくとも眼科の医師に確認して許可が出た場合にする必要があります。

 

レーシック手術を受けたばかりの方

 

視力矯正のためのレーザー治療であるレーシック手術。この手術を受けたばかりの方もまつげエクステを施術することは出来ません。基本的には術後の健診で医師の許可が出れば問題ないされていますが、サロンによってはレーシック後施術を受けられない期間を設けている場合もあるため事前に確認しておくと安心です。

 

まつげが傷んでいる人

 

何らかの原因でまつげが傷んでいたり、細く弱くなった状態のまつげにはまつげエクステがつけられない場合があります。

まつげエクステは自まつげ11本に装着していくものですから、どうしても自まつげのコンディションを無視できません。

まつげパーマをしていたり、まつげエクステを長年継続しているにも関わらず、自まつげのケアをきちんと行わないと個人差はあるものの徐々にまつげにも負担が蓄積されていきます。

毎日のメイクやクレンジングでもまつげの負担になることがありますから、日々の地道なケアが健やかな自まつげを育むためにはとても重要です。

 

詳細は施術を受けるサロンに確認を

 

まつげエクステを受けることが出来ないケースについて、大まかなところをまとめてみましたがサロンによってその詳細はまちまちです。

上記にあげたケースに該当していても施術可能であることもあれば、ここにない理由で施術を受けられない可能性もあるため、詳しくは施術を受ける予定のサロンへ確認しておくと安心です。